福岡市城南区別府の内藤胃腸科外科クリニックです。胃腸内科/消化器内科/呼吸器内科/外科

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府7丁目7番30号

MENU

  • HOME
  • 内視鏡検査
内視鏡検査

経鼻胃カメラで発見された早期胃がん

症例1

早期胃がん

63歳、女性、胃前庭部の早期胃がん。

症例2

早期胃がん

70歳、男性、早期胃がん。

インジゴカルミンという青い色素を散布すると粘膜の凹凸が強調されて矢印で示されたがんの部分が明らかになります。

症例3

早期胃がん

77歳、男性、早期胃がん。

症例4

早期胃がん

59歳、男性、早期胃がん。

症例5

早期胃がん

57歳、女性、早期胃がん。



内視鏡手術

大腸ポリープ切除(ポリペクトミー)

有茎性ポリープ

下行結腸にある大きな有茎性ポリープです。

有茎性ポリープ

スネアーといわれるループ状のワイヤーでポリープの根元を締めあげます。

ポリープ切除

高周波電流を通電してポリープを切除します。痛みはほとんど感じません。

ポリープ回収

切除したポリープは回収して顕微鏡で詳しく調べます。

術後

帰宅後の出血を予防するためにステンレス製の小さいクリップで切り口をはさんでおきます。このように出血予防処置を行う事で日帰り手術が可能ですが、2、3日のご自宅での安静と粥食、7日間の禁酒とスポーツ、重労働の制限が必要です。※後日通院をお願いする場合があります。

大腸のポリープは、主に、過成形性ポリープと腺腫性ポリープに分類されます。
過成形性ポリープは直腸に多く、炎症を主体としたポリープで、将来、がんになる可能性は少なく、原則的に小さなものは切除する必要はありません。
腺腫性ポリープは、一部にがん化する可能性があり、がん化はポリープの大きさとほぼ比例します。

大腸コールドポリペクトミー(Cold polypectomy)

コールドポリペクトミー
コールドポリペクトミー
コールドポリペクトミー
コールドポリペクトミー

通常のポリープ切除術は、スネアという特殊なワイヤーでポリープの根元を絞めて高周波電流を流して切除します(上記のポリペクトミー)。
一方、コールドポリペクトミーとは、高周波電流のような熱を加えずに大腸ポリープを切除する方法をいいます。適応は、大きさ10mm未満の小さな腫瘍性ポリープです。
コールドポリペクトミーは、粘膜下層は傷つけずに粘膜病変のみを摘除する方法なので、切除後の出血や穿孔リスクを低くする方法です。
安全なコールドポリペクトミーを行うことによって、小さいうちに腫瘍性ポリープを摘除することにより、将来の大腸がん発生の予防につながります。