福岡市城南区別府の内藤胃腸科外科クリニックです。胃腸内科/消化器内科/呼吸器内科/外科

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府7丁目7番30号

MENU

メイン1
メイン2
メイン3

地域に根ざし心のこもった
医療サービスを目指して

お知らせ

特に風しんに対する免疫がない妊娠初期の女性が「風しん」にかかると、まれに生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」になることがあります。
「風しん」に対して十分な免疫があるかどうかは、抗体検査で確認することができます。当院では「風しん抗体検査」として国と福岡市の対策の対象者に該当される方は無料で検査を受けることができます。

■ 国の対策
内  容: 抗体検査及び予防接種(無料)
対 象 者: 定期接種で風しん予防接種を受ける機会がなかった昭和37年から昭和54年生まれの男性
期  間: 2022年3月末まで
実施方法: 対象者にはクーポン券が発行されますので、クーポン券をご持参の方に抗体検査・予防接種を実施してください。なお、今年度は対象者のうち、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方にクーポン券が発行されます。

■ 福岡市の対策
内  容: 抗体検査(無料)及び予防接種(自己負担あり)
対 象 者: 福岡市民で、
①妊娠希望者(妊婦は除く。)
②妊娠希望者及び妊婦の
ア配偶者(パートナーを含む。)
イ同居者(生活空間を同一にする頻度が高い家族など。)
予防接種:MRワクチン(乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン)
被接種者自己負担額:3,000円

対象者:令和2年度中に35歳、40歳になる福岡市民
検査内容:血液検査(ピロリ菌抗体検査+ペプシノゲン法)
料金:1,000円(税込み)

「胃がんリスク検診」は将来どれくらい胃がんになりやすいというリスクを明らかにする検査です。そのため、胃がんになるリスクが高い場合にはリスクを減らすための予防対策が可能になります。

内藤胃腸科外科クリニックの特徴

福岡市城南区別府にある「内藤胃腸科外科クリニック」は、胃腸内科、消化器内科、呼吸器内科、外科、内科、リハビリテーション科を診療するクリニックとして1992年に開院しました。院長、内藤英明は日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医であり、エコーや内視鏡を使って病気の早期発見に努めています。
検査機器は、超音波診断装置(エコー)、上部内視鏡(胃カメラ)、下部内視鏡(大腸カメラ)などをそろえ、検査後はていねいにわかりやすい説明を心がけて行っています。エコー検査では腹部や頸部、乳腺などの状態が数分で検査でき、胃カメラはおう吐反射のおこりにくい鼻からいれる内視鏡をご用意。大腸カメラは鎮静剤を使用しています。いずれの検査も患者さまの負担をいかに減らすか、ということを考えながら行っております。
電車だけでなく、バスや車での来院もお待ちしております。徒歩1分の距離には西鉄バスの別府小学校前バス停があり、車6台分の駐車場もご用意しています。また、当クリニックは土曜日の午前中も診療していますので、平日お忙しい方も受診しやすいと思います。

医院案内

内藤胃腸科外科クリニック

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府7丁目7番30号

TEL.092-845-7110
FAX.092-845-7110

 
09:00~13:00 ×
14:00~18:00 × × ×

休診:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

医院案内を見る

アクセス

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府7丁目7番30号

電車でお越しの方 福岡市地下鉄七隈線・茶山駅より徒歩4分
バスでお越しの方 西鉄バス・別府小学校前バス停より徒歩1分
駐車場 6台
アクセスを見る

医師紹介